[PR]

 民主党の岡田克也代表は12日、安全保障関連法案が成立した後に最高裁で違憲判決が出た場合、「その時の内閣が安倍内閣かどうかわからないが、内閣総辞職に値する」と述べ、法案の成立を目指す安倍政権を批判した。国会内で行われた会見で語った。

 同党は関連法案について違憲との立場を取っており、岡田氏は「これだけ(違憲かどうか)議論になりながらそれを強行的に採決して作り、違憲となれば、大きな責任を負う」と述べた。ただ法律が違憲かどうかは具体的な争いの中で判断されるため、「具体的な事例が出てこないと訴訟にならない。(判決時は)安倍内閣とは違う内閣になっているのが普通だ」とも語った。

こんなニュースも