[PR]

 採用面接で支給される交通費をだまし取ろうとしたとして愛知県警は13日、岐阜市の男(31)を詐欺未遂の疑いで現行犯逮捕したと、発表した。「だまし取るつもりはなかった」と、否認しているという。

 中部空港署によると、男は13日午前11時半ごろ、中部空港内(愛知県常滑市)にあるハンバーガー店で、アルバイト採用面接を受けた際、岐阜県高山市の架空住所を書いた履歴書を出した。しかし、男が提示した健康保険証の住所が「岐阜市」となっていたため、経営者が問いただすと、逃げ出したという。

 岐阜市と高山市は鉄路で約130キロ離れており、特急を使うと、中部空港までの往復の交通費は約1万円高くなる。男は、店に「高山からの交通費は出ますか」などと事前に問い合わせており、署は差額をだまし取ろうとした疑いがあるとみている。