[PR]

 南アフリカの裁判所は14日、アフリカ連合(AU)首脳会議出席のために同国に滞在しているスーダンのバシル大統領に対し、出国を一時的に禁止する命令を出した。バシル氏は、スーダン・ダルフール紛争における大量殺害に関与したとして国際刑事裁判所(ICC)から逮捕状が出ており、ICCは南ア政府にバシル氏の逮捕を要求していた。

 南アはICC加盟国。一時的な出国の禁止は、裁判所がICCの要求に応じるかどうか判断するための措置とみられている。バシル氏はこれまでもICC加盟国を度々訪問しているが、逮捕はされていない。

 現地報道によると、南ア政府は首脳会議の参加者については逮捕や拘束をしないと保証していたとみられている。(カイロ=三浦英之

こんなニュースも