[PR]

 安倍晋三首相と維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)が14日夜、東京都内で約3時間会談した。首相は橋下氏に対し、今国会の最重要法案の一つとする安全保障関連法案への協力を要請したとみられる。一方、橋下氏は会談後、自身のツイッターで「維新の党は民主党とは一線を画すべき」と民主との連携を否定。民主との連携をめざす勢力との間で、党の亀裂が拡大しそうだ。

 首相と橋下氏の会談は、5月の「大阪都構想」の住民投票で反対多数となった結果を受け、橋下氏が政界引退を表明してから初めて。会談には、菅義偉官房長官と維新の松井一郎顧問(大阪府知事)も同席した。

 松井氏によると、首相は会談で、引退表明した橋下氏に対し、「潔さゆえに、期待感はあるのではないか」と述べた。「大阪都構想」の住民投票で僅差(きんさ)で反対多数となったことについても「結果は結果として、よくここまできた」と語った。一方、橋下氏は安保関連法案が成立した場合の自衛隊の海外派遣について、「決める限りは、国会議員の覚悟はいる」と語ったという。

 また、菅氏は15日の記者会見で、会談の経緯について「(橋下氏が政界引退の)あいさつに来たいということだった」と説明。内容については「控えたい」と述べた。

 また、橋下氏は15日午前にツ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く