[PR]

 トカラ列島の鹿児島県十島村では梅雨前線の活動が活発になり、県が口之島に設置した雨量計で15日午前8時10分までの1時間に83ミリの猛烈な雨を記録した。村は同日午前8時20分、口之島の全76世帯、128人に避難勧告を出し、午後9時半に解除した。名瀬測候所は「50年に1度の大雨」との気象情報を発表した。

 気象庁によると、十島村では、16日午前6時までの24時間雨量が多いところで120ミリに達する見込み。16日にかけ、局地的に落雷や激しい突風が発生する可能性があるという。

 また、屋久島町尾之間で15日午前8時9分までの1時間雨量が30・5ミリを記録。種子島・屋久島地方では、15日午前まで局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあるとして、警戒を呼びかけている。(中島健)