[PR]

 第16回東関東選抜吹奏楽大会(東関東吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は14日、足利市民会館で栃木、茨城、神奈川、千葉の4県の連盟が推薦した15団体と、この日のために4県の約60人で結成された高校選抜バンドが演奏を披露した。県内の6団体では、県中学校選抜バンドが金賞と最高賞のグランプリを、那須塩原市立南小が金賞と足利市長賞を、県高校選抜バンドが金賞を受けた。

 県中学校選抜は約180人の大編成で、迫力のある「A列車で行こう」を聞かせた。那須塩原市立南小はジャズをかわいらしいダンスを交えて元気よく演奏。県高校選抜は約100人が「君の瞳に恋してる」などを披露した。

 このほか、宇都宮市立陽東中は「アフリカン・シンフォニー」などを演奏して、銀賞とバンドジャーナル賞を受けた。トップバッターで登場し、難曲「彩雲の螺旋(らせん)~吹奏楽のための」に挑んだ今市高、リズムに乗った「アスファルト・カクテル」を演奏した佐野東高はともに銅賞だった。(魚住ゆかり)