【動画】静岡で「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」=田中紳顕撮影
[PR]

 人気アニメ「新世紀ヱヴァンゲリヲン」に登場する刀などを模した刀剣作品を集めた企画展「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(静岡朝日テレビなど主催)が静岡市駿河区の静岡ホビースクエアで開かれている。7月26日まで。

 アニメのヒロインの綾波(あやなみ)レイが使う太刀や、二股のやり「ロンギヌスの槍(やり)」など全国の刀匠らが制作した刀剣計26点などを展示。映像による制作風景の紹介や、刀匠が金属板に来場者の名前を彫って販売するコーナー(土日祝日限定)もある。企画に参加した岡山市の刀匠木下宗風さん(47)は「日本の伝統表現が生きているアニメ。展示作品でそれを感じてもらえれば」と話している。

 入場料は大人800円、小中学生500円。問い合わせは静岡朝日テレビ事業部(054・251・3302)まで。