[PR]

 川崎市中原区の日本エレクトライクが製造、販売する三輪電気自動車「エレクトライク」が本格販売されることになり、15日、川崎市役所でお披露目された。オート三輪をほうふつとさせる車体で、「川崎発」の新製品に福田紀彦市長は「走るショーウィンドーとして、環境先進都市川崎をアピールしてほしい」と期待を寄せた。

 エレクトライクは小回りがきくのが特徴で、最小回転半径は2・8メートルと軽自動車の3分の2ほど。オート三輪はカーブで転倒しやすかったが、後輪の駆動力を左右別々に制御することで安定性を高めた。松波登社長は「二輪車のように小回りがきくが、150キロ積載できる」とPRした。

 家庭用100ボルト電源で10時間充電すると、航続距離は60キロ。生産台数は今年度が100台、来年度は200台の予定。普通自動車免許で乗ることができ、ヘルメットやシートベルトを付ける必要が無いため、宅配便用などの需要を見込んでいる。価格はバッテリーの容量別に130万円と160万円(税別)の2タイプあり、補助金を使えば実質100万円から購入できる。(村山恵二)