[PR]

 東京・京王線沿線を中心に38店舗を展開する啓文堂書店が、神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害男性(32)が「元少年A」の名で書いた手記の販売を中止している。

 書店を運営する京王書籍販売によると、いったん入荷はしたが、被害者遺族の心情に配慮し、発売前の時点で取り扱わないことを決めた。客からの注文も受け付けていないという。同社担当者は、これまでに自社の判断で販売中止を決めた本は「覚えている限りない」としている。

 手記は今月10日に太田出版から刊行。遺族が手記の回収を求めて出版社に申入書を送っている。(竹内誠人)