[PR]

 小中学校の「6・3」の区切りをやめ、9年間を共通したカリキュラムで学ぶ小中一貫校を国の制度に位置づける改正学校教育法が17日、参院本会議で成立した。小中学校とは別に、新たな学校の種類として「義務教育学校」と名付けた。来年4月から開校できる。

 「義務教育学校」は、校長が1人で、小学生と中学生の校舎が一体の形が基本だが、別々でも移行は可能だ。小学校と中学校の間で学ぶ内容を一部入れ替えたり、英語などの小中共通の教科をつくったりできる。

 教員は小中の両方の免許を持つのが原則だが、当面は中学校免許のみの教員が小学生に授業をするなどの例外も認める。小5で部活や制服を始めるといった工夫もしやすくなる。

 小中一貫校はこれまで、市区町…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら