[PR]

 暴力団の下部組織の組幹部らから集めた「上納金」などを私的に使っていながら、所得として申告せずに約8800万円を脱税したとして、福岡県警は16日、指定暴力団工藤会(本部・北九州市)総裁でトップの野村悟容疑者(68)=殺人罪などで起訴=ら4人を所得税法違反の疑いで逮捕し、発表した。警察庁によると、暴力団の上納金について、警察が脱税容疑で立件するのは全国で初めて。

 県警は昨秋以降、工藤会が関与したとみられる事件の摘発を進め、福岡地検や福岡国税局とも連携して捜査。資金面にもメスを入れて組織の一層の弱体化を目指す方針だ。

 発表によると、他に逮捕したのは、工藤会幹部で総務委員長の山中政吉(64)、傘下組織幹部の伊藤明雄(41)、同幹部の丸本竜治(41)の3容疑者。

 4人は2010~13年の4年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら