[PR]

 待ちわびた三千代が大きな白いユリを提げ、息をはずませてやってきた。水を取りに行き、戻ってくると、三千代はすでに水を手にしていた。スズランをつけた大鉢の水を飲んだと聞き、代助はあきれる。ユリは代助に買ってきてくれたものだという。兄の生前、代助がユリを買って訪ねたことを三千代は覚えていた。平岡は来月から新聞社勤務が決まったらしい。代助が用立てた金で借金返済せず、生活のために使ってしまったと三千代はわびた。

こんなニュースも