[PR]

 10月3、4日に十和田市内で開かれる「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B―1グランプリin十和田」の出展団体と、会場配置が16日、発表された。出展団体は過去のB―1で優勝しグランプリの投票対象とならない「殿堂入り」7団体と、投票対象となる55団体で、合計で62団体。参加地域は北海道から大分県までとなる。

 会場は市内中心部の中央公園内など6カ所=図=で、「半径約1キロ圏内に収まるコンパクト」(大会長・小山田久十和田市長)ぶりだ。市役所などがある官庁街通りには、県内物産などをPRする約70のブースも並ぶ予定となっている。

 同大会は2日間で30万人の来場を見込んでおり、会場周辺は両日とも午前9時から午後4時まで交通規制が予定されている。会場へのアクセスは、六戸町や七戸町など周辺に設置される無料駐車場からのシャトルバスになる。

 この日の会見で、実行委員長の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら