【動画】蔵王山の火口周辺警戒解除へ=三澤泰博撮影
[PR]

 全国各地で火山活動が活発な状態が続いている。蔵王山(宮城・山形県境)の噴火警報が解除された16日、浅間山(長野・群馬県境)でごく小規模な噴火が起きた。本格的な夏山シーズンを前に、蔵王で安堵(あんど)感が広がる一方、危機感を強める観光地も。気象庁は観測態勢の強化とともに、噴火予知に力を入れる。

「風評被害克服を」「今までも共存」

 16日午前、噴火の兆候が見られなくなったとして、約2カ月ぶりに火口周辺警報が解除された蔵王山。

 「本当によかった」

 山形市の蔵王温泉観光協会の伊藤八右衛門会長は笑顔で語った。蔵王温泉では噴火警報が出された4月以降、少なくとも8千人分の宿泊予約がキャンセルされた。風評被害について伊藤さんは「何年かかっても必ず克服する」と話した。

 山形県と宮城県を結ぶ観光道路…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

関連ニュース