[PR]

 久留米市は中心街で24時間、自転車をレンタルできる「コミュニティサイクル」の運用を27日から始める。愛称は「くるクル」。市が掲げる「自転車が似合うまちづくり」の一環で、環境にやさしい市民の足として、マイカーからの転換を促し、自転車を持っていない市民や観光客にも活用してもらいたいという。

 20インチの自転車計46台を用意。市内の「サイクルポート」で借りられ、返却は借りたポート以外でもできる。ポートはJR久留米駅、西鉄久留米駅、花畑駅、東町公園、両替町公園、石橋文化センターの6カ所に設置する。今年度中に久留米シティプラザと中央公園にもポートを設け、自転車を拡充する方針。

 利用するには会員登録が必要。料金は30分100円、1日(24時間)利用は500円。通勤や買い物などで利用頻度の高い人向けに1回30分以内なら何回でも利用できる定期利用(月1千円)などもある。

 本格運用に先立ち、市民に広く…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら