[PR]

 韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相が、2013年の就任後初めての日本訪問を決めたことが16日わかった。複数の日韓関係筋が明らかにした。21日に岸田文雄外相と会談し、22日に東京で韓国大使館が開く日韓国交正常化50周年の記念行事に出席する。

 日韓外相会談は今年3月にソウルで行われて以来、3カ月ぶり。尹氏の訪日をめぐっては11日に東京で行われた日韓外務省局長協議などで検討が続いていた。両政府は早ければ17日にも尹氏の訪日を発表。尹氏の詳細な日程や外相会談の議題などに加え、安倍晋三首相への表敬訪問も調整する。

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は13年2月の就任後、一度も安倍首相との二国間の首脳会談を行っていない。こうした中、関係改善を求める米国の要請や韓国内の世論を踏まえ、訪日を決めたとみられる。外相会談では慰安婦問題や、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録などについて話し合う見通しだ。(ソウル=東岡徹、貝瀬秋彦)

こんなニュースも