[PR]

 東京都江戸川区で3月、電車内で痴漢をしたとして被害者らに取り押さえられた男を、警視庁小松川署員が交番前で取り逃がしていたことがわかった。警視庁は17日、この男を都迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で逮捕し、取り逃がしたことを明らかにした。地域総務課の成瀬太基理事官は「油断があったと言わざるを得ない」としている。

 同課によると、3月26日午前1時過ぎ、江戸川区のJR平井駅で、小松川署平井駅前交番の警察官2人が痴漢被害を訴える女性から男の身柄を引き渡された。30代の巡査長が男を交番まで連れて行き、別の署員とともに交番に入れようとしたところ、男は巡査長の腕を振り払って逃げた。巡査長が100メートルほど追いかけたが見失った。男は当時、「やってない」と話していたという。

 駅の防犯カメラの映像などから都内に住む40代の会社員の男を特定した、と同課は説明している。