アフリカ研究の先駆者の一人で、エッセイストとしても知られる言語学者で文化人類学者の西江雅之(にしえ・まさゆき)さんが14日、膵臓(すいぞう)がんのため死去した。77歳だった。葬儀は近親者のみで営まれた。後日、しのぶ会を開く予定。喪主は長男アレンさん。

 東京生まれ。早稲田大学大学院を経て、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院で学んだ。東アフリカ、カリブ海域、インド洋諸島などを中心にフィールドワークを重ね、20代で日本初のスワヒリ語の文法書、辞典を編集した。早稲田大、東京外国語大、東京芸術大など多くの大学の教壇にも立った。また、世界各地の暮らしや自然を詩的な文章による紀行、エッセーとして発表。中学・高校の国語の教科書にも採用された。

 著書に「アフリカのことば」「ヒトかサルかと問われても」「異郷日記」「食べる」など多数。