[PR]

 JR西日本が2017年春から山陽・山陰地方で運行する豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風(みずかぜ)」の立ち寄り駅に尾道駅と宮島口駅が選ばれた。同社が18日発表した。乗客は鉄道の旅をしながら、瀬戸内の観光などを楽しめる。

 瑞風は10両編成で、山陽・山陰の駅に立ち寄りながら京都・大阪駅と下関駅を結ぶ。1両を丸々使った高級客室や食堂車などがあるほか、編成の両端に展望スペースが設けられている。

 瑞風には、山陽と山陰を上りと下りの片道でたどる計4コース(いずれも1泊2日)と、京都・大阪駅を出て2泊3日で山陽・山陰を回る周遊の1コースの全5コースがある。

 尾道、宮島口駅は山陽を通る上…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら