[PR]

 韓国済州島の済州新羅ホテルは18日、中東呼吸器症候群(MERS〈マーズ〉)コロナウイルスの感染者が5~8日に宿泊していたとして営業の一時中止を決めた。宿泊客にはチェックアウトしてもらい、ほかのホテルなどを案内。新規予約も当面受け付けないという。

 地元保健当局によると、政府当局から17日夜、感染が判明した40代男性が家族や友人ら計12人と同ホテルに泊まり、観光していたと連絡を受けた。ホテルの監視カメラなどで男性と接触した人を調べ、ホテルのスタッフら34人について自宅から外に出ず、感染を防ぐ措置を取ってもらった。男性が訪れた飲食店なども消毒し、店員らに症状が出ていないかチェックしているという。

 韓国政府は18日、感染者が新たに3人死亡し、死者が計23人になったと発表。感染者は前日よりも3人増え、計165人になった。

 世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は18日、国際会議に出席するため、韓国を訪問し、ソウル市内で記者会見した。チャン氏は韓国政府の初動対応のまずさを指摘しながらも、態勢を整えているとして、「早期に終息できると思う」と述べた。(ソウル=東岡徹

こんなニュースも