大相撲の元大関貴ノ浪の音羽山親方(本名浪岡貞博=なみおか・ただひろ)が20日午前10時55分、急性心不全のため大阪府内で死去した。43歳だった。通夜は21日午後7時、葬儀は22日午後0時30分から名古屋市守山区苗代2の1812の平安会館守山斎場で。

 青森県出身。元大関貴ノ花の故二子山親方に見いだされ、1987年春場所で初土俵を踏んだ。身長196センチの上背と深い懐を生かした豪快な相撲で、弟弟子の横綱若乃花、貴乃花らとともに昭和から平成の相撲ブームを支えた。

 94年初場所後に大関に昇進。2度の優勝を果たしたが横綱にはなれず、足首のけがから99年九州場所後に大関から陥落した。一度は返り咲きながら再び陥落し、その後も幕内の土俵を務め2004年夏場所を最後に引退した。通算成績は777勝559敗13休。

 引退後は年寄音羽山を襲名。貴乃花部屋の部屋付き親方として、後進の指導に当たっていた。また、審判委員として本場所の勝負審判も務めた。