[PR]

 全国から過去最多の1338人が参加した「第10回隠岐の島ウルトラマラソン」が21日、隠岐の島町で開かれた=写真、佐々木和法さん撮影。

 西郷港を午前5時にスタートして島後を1周する100キロの部に男女665人、北部の水若酢神社をスタートする50キロの部に673人が出場。隠岐世界ジオパークの大自然を駆けた。

 50キロには公務員ランナー川内優輝さん(埼玉県庁)も招かれた。父方の先祖が隠岐出身というゆかりで第6回大会から出場。順位はつかないが2時間48分23秒でゴールした。優勝は川内さんの弟の鴻輝さん(埼玉)で3時間15分20秒。

 そのほかの各部門の優勝者は次の通り。

 100キロ男子=中村卓也(福岡)▽同女子=夕永智子(大阪)▽50キロ男子=川内鴻輝(埼玉)▽同女子=田村あすみ(岐阜)