[PR]

 インターネット検索大手の米グーグルは19日、元交際相手などの写真を復讐(ふくしゅう)目的でネット上に流出させる「リベンジポルノ」について、被害者からの求めに応じて検索結果から削除する、と発表した。

 数週間以内にネット上に申請フォームを用意し、被害者からの受け付けを始める予定だ。ネット上の画像そのものが消えるわけではないが、検索しても画面に現れなくなり、被害が広がらないようにするねらいがある。グーグルはこれまで、銀行の口座番号などの個人情報や、児童の性的虐待画像は削除対象としていた。しかし、リベンジポルノについての明確な基準はなかった。

 リベンジポルノについて、フェイスブックやツイッターは、すでに本人の同意のない画像の投稿を禁止している。日本でもヤフーが今年3月、被害者からの求めに応じて、検索結果から削除する方針を示している。(鈴木友里子