[PR]

 マイマイガのせいでキックオフ時刻が前倒し――。サッカーJ3のAC長野パルセイロは、7~8月にホームの長野市で行うリーグ戦のナイター計4試合の開始時間を早める。昨年、長野県内で森林害虫のマイマイガが大発生。今夏も大量羽化が予想され、照明に飛来してプレーに影響する恐れが懸念されるためだ。

 開始時間の変更は7月が19、29日、8月は9、16日で、いずれも午後7時から午後5時に早める。会場の南長野運動公園総合球技場は今春新設され、照明設備も完備している。

 マイマイガはドクガ科の大型のガ。昨年、県内の北信地方などで大発生して産み付けられた卵塊が、4月中旬から5月下旬に幼虫にかえった。長野市環境部によると、7月中旬以降、成虫になるという。昨夏、コンビニなどの夜間照明や街灯に大量に集まり、市民から苦情が相次いだ。

 県内のJ1松本山雅は予定通り、同時期にナイターを実施。Jリーグによると、今季、J1、J2、J3でナイターの時刻を早めるのはパルセイロのみで、「マイマイガの発生が理由だが、ナイターの開始時刻変更は珍しい」という。(近藤幸夫)