[PR]

 中学2年の和佳夏(わかな)さん(13)は2年半前、幼なじみで親友の沙清(さきよ)ちゃんを亡くした。

 ロングヘアの前髪をピンで留めた、ちゃめっ気のある優しい女の子。沙清ちゃんが描いた絵を見せてもらうのが楽しみだった。いつも笑わせてくれ、けんかをしたことは一度もない。3人きょうだいの末っ子同士、気が合った。

 別れは、2012年12月20日。東京都調布市にある市立小学校の5年生だった。

 沙清ちゃんは乳製品に重いアレルギーがあり、給食は用意されたアレルギー対応食を食べる。対応食がない日は、母(53)が同じメニューを作ってくれた。グラタンやシチュー、パン……。帰宅した沙清ちゃんは「友達においしそうって言われたよ」とうれしそうに言った。

 あの日の給食には、チーズ入りのチヂミがあった。沙清ちゃんの分は、食べられないチーズが除かれた。みんなと違う黄色のトレーに置かれたのは、間違いを防ぐためだ。

 子どもたちには「不思議な味がする」と人気がなかった。和佳夏さんは4分の1を食べ、残りは友達に食べてもらった。

 チヂミが残ったので、担任がおかわりを募った。だが誰も手をあげない。しばらくして、沙清ちゃんが言った。

 「ほしいです」

 めったにおかわりをしないのに、何で? 和佳夏さんは不思議に思って尋ねた。

 すると、「完食記録に貢献したかったから」。さらりと返ってきた。「完食連続1カ月」「2カ月」。クラスで給食を残さないという目標を掲げ、カウントしていた。

 食べ終えて30分後、沙清ちゃ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら