[PR]

 宮崎県日南市の油津港でキハダマグロ漁が好調だ。すでに今年1~6月の水揚げ量は昨年1年間の量を超えた。漁場は、先月末に噴火があった口永良部島(鹿児島県)に近い屋久島の近海。漁協関係者からは「こんな豊漁は初めて。噴火が影響しているのでは」との声が上がっている。

 日南市には全国有数のキハダマグロの水揚げ基地がある。市漁協によると、油津港に水揚げするのは主に宮崎県内の漁協に属する約120隻。漁獲量は例年、5~6月に最も多くなる。

 過去6年で月間水揚げが最多だったのは、2010年6月の約5500匹。それが今年の6月は24日までに8091匹が水揚げされた。今年1~6月の累計は2万886匹で、昨年1年間(1万7410匹)を上回った。1日800匹を超えた日もあったという。

 豊漁の原因はよく分かっていな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら