[PR]

 知床半島の羅臼町沖で23日、国内では極めて珍しいホッキョククジラの子どもとみられるクジラが遊泳している姿が観光クルーズ船から観察された。

 ホッキョククジラは北極海に一年を通じて生息し、成体で全長18~20メートル。他のクジラに比べて頭が大きいのが特徴だ。

 シャチ観察のために乗船していた海洋ジャーナリスト斎野重夫さん(49)=東京都在住=によると、このホッキョククジラは約10メートルで子どもとみられる。セミクジラと似ているが、下あごの部分が白いので判別できるという。「初めて見たので思わず大きな叫び声を上げてしまった」と話す。

 ホッキョククジラは1969年、大阪湾に約7メートルの子どもが迷い込んだ記録が残っているが、「国内ではそれ以来の観察ではないか」(斎野さん)という。(六分一真史)