[PR]

 シューというガスの噴出音がした。棺のような木製の入れ物に閉じ込められた「犠牲者」は、息をしようとばたついているようだった。しかし、わずか2分で静かになった。

 白いバンに積んだ装置の赤いレバーを引いてガス栓を開けたのは、アリー・デンヘルトーク(40)。携帯電話の時間表示を見つめながら、「すべて終了」と宣言した。残忍なまでに効率のよいこの作業は、オランダ第4の都市ユトレヒトに近いライン川流域の一角で行われた。現場のポプラ並木には、太陽がさんさんと降り注いでいた。

 デンヘルトークは、野生の雁(がん)を大量に駆除する専門家で、抜きんでた実績を誇る。今回の現場では、二酸化炭素のガスボンベ2本を備えた自前の移動式ガス室で570羽のハイイロガンを処分した。その数は、この1週間で計7千羽以上にのぼる。動物保護の活動家からは「ナチ野郎」とののしられるが、農家からは英雄視されている。

 「別に、面白いわけではないさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも