[PR]

 大阪市は23日、国民健康保険料や市民税などの納付を受け付ける「公金電子収納システム」に障害が発生し、入金できなくなったと発表した。現金自動出入機(ATM)やインターネットを通じて入金するシステムで、納めていないのに納付済みのメッセージが表示されるという。原因は調査中で、市側は「24日朝までに復旧したい」としている。

 大阪市によると、障害は21日早朝から始まり、23日午後6時までに156件の誤ったメッセージが表示された。23日夕に市民から指摘され、把握したという。