[PR]

 児童ポルノの動画を愛好者の交流サイトを通じて知り合った男性に提供したとして、大阪府警は24日、大阪府和泉市立和泉中学校教諭、前出一樹容疑者(25)=同市箕形町4丁目=を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで逮捕したと発表した。「ほかにも20人ぐらいと動画などのやりとりをした」と供述しているという。

 少年課によると、前出容疑者は今年3月3~6日、10歳前後とみられる男児や女児の裸が映った動画3点を、知人の宮崎県の30代男性=児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪で罰金刑=に自宅のパソコンから送信した疑いがある。動画はインターネットサイトからダウンロードしたものという。

 和泉市教育委員会によると、前出容疑者は4月に新規採用され2年生の担任を務めている。藤原明教育長は「重大な人権侵害の犯罪で、重く受け止めている。再発防止に努めたい」とのコメントを出した。