[PR]

 兵庫県立人と自然の博物館(同県三田市)は29日、同県丹波市山南町の白亜紀前期(約1億1千万年前)の地層から、恐竜の新種の卵の化石が見つかったと発表した。ニワトリの卵よりやや重い100グラムほどと推定し、恐竜卵としては世界最小クラスとしている。

 「ニッポノウーリサス・ラモーサス」と名付けられ、白亜紀の地球科学専門誌「クレテイシャス・リサーチ」(電子版)に掲載された。

 発表によると、見つかったのは殻の破片。2層構造となっており厚さ0・44ミリで、表面の特徴的な枝状の模様から新種と判断した。殻だけでは親の種を特定できないが、アジアや北米で発見された二足歩行の小型獣脚類の恐竜(体重15キロ程度)の卵に似ているという。名前はギリシャ語などで「枝分かれした日本の卵の石」を意味するという。

 同館が2007年から約4年間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら