[PR]

 佐賀市が「携帯電話やスマートフォンで納税できる仕組みを導入した」とPRしながら、5月の開始時から全く使えないまま取り消していたことが分かった。公金を扱う仕組みにもかかわらず、契約した業者のサービスを他業者のサービスと混同。そもそも契約していないサービスを市民に案内し、事前テストもせず「運用」を始めていた。

 佐賀市はヤフーと、住民税や固定資産税などを「Yahoo! 公金支払い」経由でクレジットカード払いできる契約を締結。その際に、納付書のバーコードを携帯電話やスマートフォンのカメラで読み取るとクレジットカード払いがより簡単にできるサービスも月額5千円で加えられると説明された。

 市やヤフーによると、市はこのサービスを、モバイルバンキングを使ったNTTデータのサービス「モバイルレジ」と混同。5月上旬、税金の納付書約10万通に、契約していない「モバイルレジ」の利用方法を同封して市民に知らせ、市報などでも広報した。

 市は基幹行政システムを172…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら