[PR]

 中国貴州省の貧困地域で兄妹4人が6月初め、農薬を飲んで自殺した。親が出稼ぎで家を離れ、孤独な暮らしを強いられていた「留守児童」だった。事件は社会に衝撃を与え、経済規模で世界2位の「大国」が抱える貧困問題を改めて浮かび上がらせた。兄妹が住んでいた村を訪ねた。

 事件発生5日後の6月14日、現場となった中国内陸部、貴州省畢節市の茨竹村を目指した。市中心部から車で約3時間、起伏の激しい山道を進むと、トウモロコシ畑が広がった。その一角に、兄妹4人が住んでいた家があった。入り口には鍵がかけられ、警官らが見張っていた。

 同じ村に住んでいる張啓付さん(40)が、事件当時の様子を語ってくれた。6月9日午後11時ごろ、「どん」という音が聞こえ、イノシシが鳴いているような声も耳にした。驚いて屋外に出ると、数十メートル先の兄妹の家の前で少年が倒れているのが見えた。少年はけいれんしながら水分を吐き、今にも息絶えそうだった。黒いシャツとズボン姿。靴は履いていなかったという。

 貴州省民政庁の報告によると、死亡したのは、14歳の長男と5~10歳の妹3人。4人とも農薬を飲んで自殺したとみている。兄妹の父親(34)は出稼ぎで不在。母親(32)も2年前に家を出ていた。長男が豚の世話などをしながら、幼い妹たちの面倒を見ていたという。

 近所の張宗義さん(63)は「家の中はぼろぼろで汚れていた。服や靴、いろんな物が散らかっていた」と言う。「子どもたちには両親の愛が足りなかった」と語った。

 貴州省の2013年の1人当たり域内総生産は約2万3千元(約46万円)で、中国の省と直轄市のなかで最下位。上海の3割に満たない。報道によると、茨竹村は貴州省の中でも特に貧しい農村部にあり、約2500人の住民のうち半数ほどが出稼ぎで村を離れているという。

 長男と妹2人は5月8日から学校に行っていなかったと中国紙は伝える。役人や学校の先生が6月9日に家を訪ね、学校に来るよう促した。4人はその夜、農薬を飲んで亡くなったという。

 警察当局は、少年が宿題をするノートに書いたという遺書の概要を中国メディアに公表した。

 《みなさんの好意に感謝します。みなさんがよくしてくれたことはわかっています。でも僕は行かなければならない。僕は15歳まで生きないと誓っていた。死ぬことは長年の夢でした。今日、リセットします!》

 兄妹の家から数百メートル離れ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも