[PR]

 性犯罪を未然に防ぐため、愛知県警が男子高校生を対象にした防犯教室を開いている。これまでの防犯教室はほとんど、被害者となる女子に対するもので、全国でも珍しい取り組み。男子が被害者にも加害者にもならないことは重要だと考え、2年前から始めた。

「家族が被害に遭ったら」「犯人に間違われたら」

 5月末、愛知県蒲郡市にある県立三谷水産高校。講師役の県警子ども女性安全対策課の警部補、安藤直道さん(36)が1年生の男子19人に語りかけた。

 「被害者の多くは女性。お姉さんやお母さんなどが被害にあって、君たちが被害者の家族になるかもしれない。一番小さな被害者は何歳だと思う?」

 生徒のひとりから「3歳」と声があがる。「残念。正解は2歳」という答えに、生徒たちは顔を見合わせた。さらに「上は?」と聞かれ、「80歳」。

 「90歳が被害にあった事件が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら