[PR]

 小学校で給食を食べ、アレルギーのショックで亡くなった少女(当時11)が書いた詞が歌になり、アレルギーなどに悩みを抱える人たちを励ましている。コーラスには同級生も参加。各地でのライブやインターネットで披露されている。

 わたしは みんなと ちょっとちがう

 ちょっと しっぽが みじかいし

 ちょっと ひげが ながい

 でも ママが

 「それでいいのよ」っていってたの

 「ちょっとちがう」と題したこの詞は、沙清(さきよ)ちゃんが東京都調布市立小の4年生の時、授業で書いた。

 沙清ちゃんは乳製品に重いアレルギーがあった。5年生だった2012年12月、クラスの完食目標を達成するためにおかわりしたチヂミにチーズが入っており、誤って提供されてしまった。食後にアレルギーのショックで亡くなった。

 沙清ちゃんの夢は、アレルギーの子を助ける科学者になること。尊敬するヘレン・ケラーに重ね合わせ「私も人の役に立ちたい」と言っていた。

 絵本歌ライブを通じて沙清ちゃ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら