[PR]

 フランス南東部リヨン近郊のサンカンタン・ファラビエのガス工場で26日午前10時(日本時間同午後5時)ごろ、男が乗った車が突入し、爆発音が起こった。オランド仏大統領によると、現場で1人の遺体が発見され、2人が負傷した。仏捜査当局は容疑者の男を逮捕し、テロ事件として捜査を進めている。

 事件を受けオランド氏は、欧州連合(EU)首脳会議に出席中のブリュッセルで会見し、「(容疑者が)施設の爆発を狙ったのは疑いはない。これはテロ攻撃だ」と述べた。同氏は首脳会議を退席し、フランスに向かった。

 仏内務省によると、男は車を運転して工場の建物に突っ込んだ。工場内にはガスボンベが保管されていた。車には容疑者以外にもう1人乗っていた可能性があるという。

 AFP通信などによると、死亡…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも