[PR]

 米国の連邦最高裁が26日、すべての州での同性婚を認めた。判決は、婚姻の制度が社会にとっていかに大切であるかを強調し、同性カップルがその恩恵を受けられないのは、不当な差別だと結論づけた。米国で長く続いてきた議論に決着をつける節目となった。

 判決を受けて、米国では26日、これまで同性婚が認められていなかった州で待ち望んだ結婚をするカップルが相次いだ。

 米メディアによると、テキサス州ダラス郡で最初に届け出たのは、ジョージ・ハリスさん(82)とジャック・エバンスさん(85)。婚姻届の用紙に「女性」と印刷されている文字をペンで消して提出した2人は、報道陣らに囲まれて誓い合い、キスを交わした。54年間一緒に住んできたものの、同州が同性婚を認めていなかった。

 AP通信によると、最高裁判決…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら