[PR]

枝野幸男・民主党幹事長

 安倍親衛隊という自民党議員が、作家の百田(尚樹)さんを呼んできて、民間人が何を言おうが言論の自由ですが、問題は(参加した議員から)「言い過ぎじゃないですか」の一言もなかった。

 確かに、意見の違いはあります、集団的自衛権のひとつとっても。だからといって、お前らの意見は新聞に載ると困るから、テレビに流れると困るから、スポンサーを通じて圧力をかける、そんな社会でいいんですか。

 (戦前も)はじめから、言論の自由が封殺されていたんじゃない。ちょっとぐらい、いいだろう、ちょっとぐらい仕方ない。その積み重ねのなかで、政府に対しておかしいと言えない、そういう空気がいつのまにかできあがった。新聞やテレビが、政府に都合の悪いことを報道しない、そんなことが当たり前になってからでは遅いんです。(宮崎市内の街頭演説で)