【動画】執務を続けた和歌山電鉄貴志駅で営まれた「たま駅長」の社葬=真田嶺撮影
[PR]

 22日に16歳で死んだ和歌山電鉄の三毛猫駅長「たま駅長」の社葬が28日、和歌山県紀の川市の貴志駅で営まれ、ファンら約3千人(同社発表)が別れを惜しんだ。

 駅長室に遺影と陶人形、遺骨が並べられ、小嶋光信社長が「たまちゃんは、地方鉄道の救世主として、神のようにこの世に現れてきたのではないかと思っている。(出会いから)9年間も一緒に働けたことを誇りに思う」と述べた。また、「名誉永久駅長」の辞令を出し、「これからも『たま大明神』として、和歌山電鉄はじめ、世界の地域の公共交通を守ってください」と語った。同社はたま駅長の像を建てることも検討中という。

 和歌山市の中学2年細川大輔さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら