[PR]

 真夏を迎え、シャツの肌への張り付きや汗の臭いを気にする男性も多いはず。そんな悩みにこたえる機能性肌着が売れています。男性は自分のため、女性は夫や父のため、よい品を探してみてはどうでしょうか。

 大阪市の高島屋大阪店の男性用肌着売り場は、機能性を売りにした商品が多く並ぶ。汗がワイシャツに染みにくい、着るとひんやりした感覚を得られる。こうした機能性肌着が好調で、売り場の5~6月の販売額は前年同期比3割増えた。

 購買層は30~50代と幅広い。価格は1枚3千円前後とやや高いが、バイヤーの木村由美さんは「まとめて4、5枚買う方もいます」という。グンゼやワコールなどのメーカーは、新商品を相次いで出している。

 売れ行きのよさは、クールビズと節電の定着が影響しているようだ。上着なしの薄着が多くなり、エアコンの設定温度を28度ほどにするオフィスが多い。エスカレーターの運転や廊下の空調を抑える動きもあり、薄着でも汗をかきやすい職場環境になっている。

 肌着メーカーの担当者は「男性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら