[PR]

 市区町村が行う胃がん検診で、バリウムをのむ従来のX線検査に加え、新たに内視鏡検査が導入される見通しになった。厚生労働省の専門家検討会で29日、了承された。今後、対象年齢や受ける間隔を決め、指針を改定する。早ければ来春の検診から導入される。

 一部の自治体では独自の公的負担をして、鼻や口から内視鏡を入れる内視鏡検査をすでに実施しているが、指針が改定されれば広がるとみられる。

 検討会では国立がん研究センターが4月に公表した胃がん検診のガイドラインで内視鏡検査を「推奨」としたことなどから、最終的に検診に取り入れる科学的根拠があると判断された。

 これまでは、内視鏡検査に胃が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら