[PR]

山下芳生・共産党書記局長

 (自民党議員の勉強会での発言に対する)沖縄の皆さんの怒りは非常に激しい。沖縄県民を侮辱し、言論の自由を否定するかのような発言が自民党本部で自民党の議員によって行われたということなので、総裁として遺憾という言葉では足りない。しっかり沖縄県民の心に届くように、国民に届くように総裁として謝罪すべきだ。

 憲法学者が与党の招致した人も含めて憲法違反の法案であると、多くの学者や有識者も違憲であるといっている法案を、国会の会期延長して多数で強行しようとしていることに対して国民の批判が高まっている。今回の件は単に自民党の若手の会合で起きたことではない。安倍政権が国民の世論に耳を傾けずに、批判に耳を傾けずに、戦争法案を強行していることについての一層の国民的批判が高まると思っている。(記者会見で)

こんなニュースも