【動画】警戒レベルが引き上げられた箱根山・大涌谷=堀英治撮影
[PR]

 気象庁は30日、箱根山(神奈川県)の大涌谷(おおわくだに)周辺の想定火口域で、ごく小規模な噴火が発生したと発表した。同庁は、箱根山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。「今後も火口域から半径約1キロの範囲で、小規模な噴火に伴って噴石が飛散する可能性がある」と警戒を呼びかけており、夏の観光シーズンを迎える地元に不安が広がっている。

 気象庁によると、噴火は大涌谷の想定火口域で29日に見つかった新噴気孔で発生。火山灰とみられる噴出物が噴気孔周辺で盛り上がっているのを確認するとともに、最大で約50メートルの範囲で直径30センチ程度の噴石のようなものもあったという。

 レベル引き上げを受け、立ち入り規制の範囲は火口域の半径300メートルから1キロメートルに広げられた。地元の箱根町は、同町強羅と仙石原の旅館、別荘、住宅など32棟に避難指示を出した。避難対象者は通勤している人も含めて70人で、対象の宿泊施設は130人まで収容できるという。

 政府は30日午後、危機管理センター内に情報連絡室を設置。山谷えり子防災担当相は関係省庁の災害警戒会議で、「安全確保に万全の態勢で対応してほしい」と指示する一方、「芦ノ湖など主要観光地は今回の規制範囲外」と強調し、観光地を訪れようとする人に冷静な対応を呼びかけた。

 箱根山周辺では29日夜から地震が増加し、最大で震度3を観測。気象庁は6月20日の深さ約5キロを震源とする地震を契機に、「物質が地上に上がってくるような現象が起こったと解釈できる」と説明。ただ、マグマの上昇は確認されていないため、水蒸気噴火の可能性が高いとしている。

 地質調査によると、箱根山では12世紀後半~13世紀に大涌谷付近で噴火が起きた後、噴火は確認されていない。(鈴木逸弘、桑山敏成)