[PR]

 人気キャラクターのムーミンのテーマパーク「mets●(●はaにウムラウト付き、メッツア)」が、埼玉県飯能市に2017年にもできる。ムーミンの故郷フィンランドに似た雰囲気があるという「宮沢湖」の一帯に、キャラクターに会える施設や美術館のほか、北欧料理を出すレストランなども入れる予定だ。

 テーマパークの名前は、フィンランド語で「森」の意味。投資会社フィンテック グローバル(東京)が30日、西武鉄道が持つ約18万7千平方メートルの用地を6億円で買う契約を結んだ。投資額は数十億円で、年100万人の集客を見込む。

 本国にある「ムーミンワールド」をのぞき、ムーミンをテーマにした施設は「世界初」という。一部は無料ゾーンをつくり、美術館などのエリアは有料となる見込みだ。

 宮沢湖は1960年代に西武グループが整備した公園。会見に出席した西武鉄道の若林久社長は「運営にはかかわらないが、専用列車を走らせるなど集客面で支援する」と話した。フィンテックの玉井信光社長は「地域の皆さんが楽しめる公園のような場にしたい」と述べた。(米谷陽一)