【動画】火災のため停車した東海道新幹線=堀英治撮影
[PR]

 30日午前11時半ごろ、神奈川県を走行中だった東京発新大阪行きの東海道新幹線のぞみ225号(16両編成)の1両目で、乗客の男が油のような液体を体にかけ、火をつけた。男と、煙を吸ったとみられる女性が死亡。県警によると、他に男性17人、女性9人が煙を吸うなどして重軽傷を負った。新幹線は緊急停止しダイヤが大幅に乱れた。

 国土交通省は、1964年に東海道新幹線が開業して以来、初めての新幹線の列車火災事故と認定した。国の運輸安全委員会が調査を始める。

 県警によると、死亡した男は東京都杉並区西荻北4丁目、職業不詳の林崎春生(はるお)容疑者(71)。県警は、焼身自殺を図ったとみて、殺人と現住建造物等放火の両容疑で7月1日にも、自宅を捜索する。死亡した女性は、横浜市青葉区荏田町の整体師、桑原佳子(よしこ)さん(52)。林崎容疑者とは無関係で、巻き込まれたとみられる。

 県警の調べでは、林崎容疑者は1両目の通路を行き来した後、最前列に座っていた60代女性のテーブルに千円札数枚を置き「拾ったからあげる」と話しかけ、その後、持っていた容器から液体を体にかけ始めた。女性が「やめなさい」と言うと、「あなたも逃げなさい」と応じ、女性が逃げると、持っていたライターで火をつけて倒れたという。

 近くからは、熱で溶けた10リ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら