[PR]

 中国政府は30日、地球温暖化対策で、温室効果ガスの新たな削減目標を明らかにした。二酸化炭素(CO2)の排出量を2030年までに減少に転じさせるため、国内総生産(GDP)当たりの排出量を、それまでに05年比で60~65%削減するなどとした。

 国連気候変動枠組み条約の事務局に目標を提出した。世界最大の排出国として、地球規模の課題に貢献する意思を示すもので、年末にパリで開かれる条約締約国会議(COP21)に向けた国際交渉の弾みとなる。

 目標によると、このほか、1次エネルギー消費に占める再生可能エネルギーなど非化石燃料の割合を20%程度に増やしたり、CO2を吸収する森林の総量を05年比で45億立方メートル増やしたりする。途上国の温暖化対策を支援する基金も創設する。

 李克強(リーコーチアン)首相…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも