[PR]

 オリンパスの粉飾決算事件で、旧経営陣による損失隠しを指南したとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)などの罪に問われた元大手証券社員、横尾宣政被告(61)の判決が1日、東京地裁であった。芦沢政治裁判長は「犯行への関与の程度は大きく、極めて多額の報酬を得た」として懲役4年、罰金1千万円(求刑・懲役6年、罰金1200万円)を言い渡した。

 ともに同罪などに問われた元証券社員、羽田拓被告(52)は懲役3年、罰金600万円(同懲役5年、罰金800万円)▽小野裕史被告(53)は懲役2年執行猶予4年、罰金400万円(同懲役3年、同600万円)とした。そのうえで、3人から約8億8400万円を追徴するとした。

 公判で横尾被告ら3人は、無罪を主張していた。

 判決によると、横尾被告らはオリンパスの元社長=同罪などで有罪が確定=ら旧経営陣らとともに、2007、08年の3月期決算について、純資産額をそれぞれ1100億円余り水増ししたうその有価証券報告書を作成し、財務局に提出。その報酬で得た計約22億円を複数の外国銀行の口座を経由させて隠すなどした。