吉本興業でテレビ草創期から演芸番組にかかわり、「お笑いの吉本」のイメージを全国に定着させた同社元名誉会長の中邨秀雄(なかむら・ひでお)さんが、肺炎のため7月3日に死去していたことがわかった。82歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長男正人(まさと)さん。

 大阪市生まれ。関西学院大卒業後の1955年に吉本興業に入社。戦後は映画館経営が中心だった吉本で演芸路線に携わり、テレビ局と組んで所属芸人を売り出す手法を確立した。米国の番組をヒントに、69年に始まった若者向けの人気番組「ヤングおー!おー!」を企画。司会の桂三枝(現・桂文枝)、笑福亭仁鶴、横山やすし・西川きよしらの人気を全国区へと広げた。

 創業者一族出身の故・林正之助会長のブレーンとして経営に携わり、91年に社長就任。東京進出を進めたのをはじめ、不動産事業や地方での劇場展開にも取り組んだ。99年に会長、03年に名誉会長となり、04年に退任した。著書に「笑いに賭けろ!」など。