[PR]

 シャープが31日発表した2015年4~6月期決算は、本業のもうけを示す営業損益が287億円の赤字(前年同期は46億円の黒字)になった。4~6月期が営業赤字になるのは3年ぶり。米州でのテレビ生産、販売から撤退する。中国での液晶の伸び悩みなどを受け、5月に発表した再建計画を見直し、液晶部門を分社化して、外部から資本を受け入れることも検討していく方針を示した。

 売上高は前年同期比0・2%減の6183億円、純損益は339億円の赤字(前年同期は17億円の赤字)だった。液晶パネルやテレビ、エアコンなどの販売が不振だったが、スマートフォン向けカメラなどの電子部品が好調だった。

 五つの事業部門の営業損益は、液晶、家電(テレビや冷蔵庫、携帯電話など)、太陽電池の3部門が赤字。黒字は事務機器と電子部品の2部門にとどまった。

 家電は主力のテレビが173億…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く