[PR]

 エボラウイルスなど危険性の高い病原体を扱える研究施設「バイオセーフティーレベル(BSL)4」が、国内で初めて稼働する見通しになった。海外から様々な感染症の病原体が入ってくる恐れがあるなか、施設の整備を求める声が出ていた。月内にも塩崎恭久厚生労働相が指定する予定で、その後、稼働が可能になる。

 塩崎厚労相と東京都の藤野勝・武蔵村山市長が3日、同市内で会談。同市の国立感染症研究所村山庁舎のBSL4を稼働させることで合意した。会談後、塩崎厚労相は「住民の理解が進んだと考えているが、懸念があることを前提として安全体制を組んでいきたい」などと話した。BSL4は1981年に建設されていたが、病原体の外部への漏出などを心配する地元住民の反対もあり、危険度が一つ低い病原体を扱うBSL3として稼働していた。

 世界保健機関(WHO)のルールでは、BSLのレベルに応じて扱える病原体が決まっている。BSL3はMERSコロナウイルスは扱えるが、エボラウイルスはBSL4でないと扱えない。主要8カ国で施設が動いていないのは日本だけで、稼働は厚労省や医学界の念願でもあった。

 合意によると、無制限に研究に使うことはせず、「感染者の生命を守るため」の診断や治療を目的とした稼働に限定。地域住民の不安に配慮し、積極的に情報を開示しながら稼働させるという。病原体は三重の容器で凍結保管することになっており、さらに施設や周辺の安全対策を強化する。運営については、外部の有識者によるチェックを受ける体制を確保するという。

 ただし、施設は老朽化している…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら